簡囂寄畠 > 刃協厮将涙隈延撹握秤阻

刃協厮将涙隈延撹握秤阻

ゞ刃協厮将涙隈延撹握秤阻〃頁晩云溺梧返幢小鮒岶戦處蟹議梧爆喇AZUKI鈍恬簡寄勸握惚恬爆 [1] 弌爽學園爆辺村壓慢議揖兆汽爆EP嶄噐2006定8埖30晩窟佩 [2]

乎汽爆窟佩遍巓壓晩云巷佚茨汽爆巓茨貧電兆88了 [2] 朔辺村序慢議及眉嫖村咄片廨辞ゞDiary〃嶄 [3]

ゞ刃協厮将涙隈延撹握秤阻〃喇AZUKI鈍恬簡寄勸握惚恬爆 [1] 弌爽學園爆宸頁写幢小鮒岶戦議竃祇汽爆ゞ柿床議傴舵〃朔及屈肝喇緩眉繁頼撹赤爆 [4] 。宸遍梧侭燕峙綴籾葎8埖宸貫乎梧爆辺村序廨辞ゞDiary〃議爆會辛參心竃┯致┝辺村議12遍梧爆蛍艶斤哘彭12倖埖 [3]

巓挑屈繁氏うまでに

どれ了札いを襪Δ任靴腓

除づく殻にある嶽の

キョリを伏みだしてくようだな

吋きもせず三してたことだとか

ただずっと旺んでいたことだとか

ふいの弌さなプレゼントとか

採へゆく扮寂だったのでしょう

きっともう禅にはならない

それが仟しい'蒙艶'であるかのように

儕れ栽いではなく

わかり栽えた屈繁の冱匐はテレパシ

嚏に絋れても屈繁なら

ふざけたまんまで恠れる

そんな欠にただ佚じてた

知みがちなのは誼吭です

わりと嬉たれ樋い圭だとか

匯繁で畳めるのは逗返だとか

繁需岑りも業がすぎることも

どっか貌ている屈繁だからね

きっともう禅にはならない

わかってるけれど嶷ねた晩?は握しく

もう富し やれるんじゃないかって

囂りかけるように瘁兀しするのです

きっともう禅にはならない

それが仟しい'蒙艶'であるかのように

儕れ栽いではなく

わかり栽えた屈繁の冱匐はテレパシ

禅にれない

それはこの忽のありふれた握の侘で

曜莫じゃなく

扮を嶷ねた屈繁が返にするもの燭任后 [5]

ゞ刃協厮将涙隈延撹握秤阻〃蛮栽阻圻蕗蕗貂涌揚典欲嗤彭傴舵煤酔議険梧。壓圻蕗耳麿議籌半和公繁噌訪議歪晩岻湖。貫幢小鮒岶戦煤悲議哇蟹嶄嬬斑繁湖状欺禅繁岻寂哲哲議握吭 [6-7]CD Journal、木儷利得

簡囂寄畠 8944.net

copyright ©right 2010-2021。
簡囂寄畠坪否栖徭利大泌嗤盃係萩選狼人捲。zhit325@126.com